電飾系バックパッカー?




s-サンミゲルへ (1)



ホテルの部屋から。



ホテルのスタッフに、「サン・ミゲル」行きのバスターミナルを教えてもらってから出発〃



距離あるし、何より安全が第一!!



ってことで、迷わずタクシーに乗車(^o^)


(5ドル)



大通りを走るけど、所々ヤバそうな感じ〃



落書き、ゴミ溜まり、浮浪者・・・・・・



そういう光景を見ながら、バス停へ。





あれ??



なんだか、イメージしてた場所と違うけど?



教えてもらったのは「TERMINAL ORIENTE」



建物、チケットブース、売店、出発ゲート・・・



そんなもん、どこにもありゃしないんですけどーー!!






でも問題なかった♪



やさしいTAXIドライバーさんが、「あの人についていきな。」と話をつけてくれた^^;



そして無事に「サン・ミゲル」行きのバスに乗車。





あれ??(2回目)




お金、いつ払うんですか(TдT)



座席の間隔が狭くて、トイレもついてない。



それに、何回も途中停車するけど?



安全面を考えて、一等バスに乗りたかったんだけどなぁ。



絶対違うっしょ、これ(笑)





s-サンミゲルへ (2)



途中停車するもんだから、物売りが乗り込んでくる〃



s-サンミゲルへの車内販売 (2)



s-サンミゲルへの車内販売 (3)



フルーツ、豆、お菓子、鶏肉、飲み物などなど。



1人が商売始めるときもあるし、6人同時に乗り込んでくるときも(´・ω・`)



もうみんな必死!!




山道にある村に住む人達だから、「バス移動のお客を逃すわけにいくもんかー!!」って感じ(笑)



おもしろかったのが、ツリーに飾る電飾販売。



2人乗り込んできて、一人ひとりに電飾を渡していく。



そして販売開始





「クリスマスがやってきました。」


「みなさん、いかがでしょうか?」


「いろんな色があって、点滅もするよ。」


(車内に広げて、持ち込みの電源で点灯してみせる)


「長さも5メートルと十分」


「さぁ、買った買った!!」






これがなかなか売れるんだよね☆彡



買った商品の点灯確認もしてから渡すサービスの良さ。



値段も安くて、確か2ドルって言ってたかな。



ここでふと、ある考えが浮かんだ☆彡



「クリスマスツリーの電飾を持って旅したら、おもしろいんじゃないか・・・。」




殺風景なドミトリーに飾れば華やかになるし、明るくもなる☆



夜道を歩くとき体に巻きつければ、車に気づいてもらえて安心♪



それに、かつて電飾を持って旅した人がいたでしょうか?



ひょっとして、新しい分類【電飾系バックパッカー】になれるチャンスではないか!!



とココまで書いておきながら、「やっぱ必要ないよな」と思い直して購入見送りm(_ _)m





サン・ミゲル到着。



ちゃんと降りる場所を教えてくれたから助かったぞ(^^ゞ



途中で乗車料金の回収もありました。(3ドル)





近くの宿にチェックインし、街歩きへ〃



s-サンミゲルへ (3)



教会前の広場。



ココは写真撮っても良さそうな感じだった。



s-サンミゲルへ (4)



露店やイベントやってたよ(・∀・)



教会へ。



s-サンミゲルへ (5)



s-サンミゲルへ (6)



s-サンミゲルへ (7)



s-サンミゲルへ (8)



s-サンミゲルへ (9)



なにやら書き込まれてる〃



ろうそくを使って記入してたから、落書きではないと思うんだけど・・・



s-サンミゲルへ (10)



ちょうどお祈りの時間。



s-サンミゲルへ (11)



邪魔しないうちに、外へ出ました。



s-サンミゲルへ (12)





☆夕食はコチラ☆



s-サンミゲルへ (14)



お米、鳥手羽、野菜。



それとビールを注文!!(エルサルバドルで初ビール♪)



合計3ドル。



こんな場所でいただきました♪



s-サンミゲルへ (13)



うん、なんだか開放感ある(笑)



駐車スペースの一角で営業してるお店。



お腹いっぱいにして、宿へ戻ったよ(^o^)


さて、明日はどうしようかな。

☆世界一周ランキングへ参加中☆
「ポチッ」っとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。