コーヒー農園へ行ってみた





[6:20]



早起きして、今日は有名なコーヒー農園へ。



ペレイラ観光は、前回来た時に済んでるんだ。



その時の記事はコチラ



宿に一日いるのも退屈なので、バスで一時間の距離にある【チンチナ】というエリアへ行くぞ!!



ペレイラからマニサレスへも一時間の距離。



この周辺は、コーヒーで有名な地帯だ。



コーヒーを知らずにコロンビアを去るわけにはいかん!!




ということで・・・



s-hacienda guayabal 追加 (1)



ペレイラ→チンチナ行き 「Empresa Arauca」



6,000ペソ。



運転手に、「Hacienda Guayabal」で降ろしてね!



と言わないと、通り過ぎちゃうから要注意。






で到着。



s-hacienda guayabal 追加 (2)



s-hacienda guayabal 追加 (3)



ここから10分ほど歩く。



放し飼いのワンコ達のご機嫌を伺いながら、住宅の間を通り、坂道を上ってやっと到着〃



s-hacienda guayabal (62)



「Hacienda Guayabal」(グアヤバル農園)






「着いたどーー!!」



早速スタッフが声をかけてくれる。



「ツアーに参加するの?」



「はい。」



「英語かスペイン語の案内、どっちにする?」



「昼食もつける?」




「スペイン語で、昼食付きにしてください。」



「時間あるから、中に入って休んでて。」




s-hacienda guayabal (58)



s-hacienda guayabal (55)



山奥だから、静かで落ち着いてるな~。



空気もきれいだ。



「コーヒーをどうぞ。」



s-hacienda guayabal (56)



おぉ!!



これが本場の、本物の「THE・コーヒー」だよね?



では、早速・・・






飲んだ瞬間、体に電流きた(笑)



今まで飲んできたコーヒーのどれとも違う。



まー詳しいコトは後にして、参加者が揃うまで外をぶらぶら。






s-hacienda guayabal (57)



これが園内のマップだ。



広い。



s-hacienda guayabal (60)



プールもあるなんて、ここに泊まってゆっくりしたら最高だろうな。



そうなんです!!



ツアーだけじゃなく、泊まることも出来ちゃう!!



けど、ちょっと悩むような値段なんだよね~。



s-hacienda guayabal (59)



ほのぼの。



予定になかったけど、来て良かったわ~。



(まだツアー始まってないけど)



s-hacienda guayabal (61)



ポチも近寄って来てくれたし。



遠慮しながらやってくる。



s-IMGP8313.jpg



犬にも個性があって愛おしい。



(ツアーまだ始まらないなぁ)






s-hacienda guayabal (1)



天気も良くて、最高の日和だ。



s-hacienda guayabal (51)



いろんな野鳥とも出会える。



s-hacienda guayabal (52)



s-hacienda guayabal (53)



(ツアーまだだねぇ。)






s-hacienda guayabal (3)



この建物が、コーヒーの歴史や作り方、実際に試飲する場所みたいだ。



s-hacienda guayabal (4)



竹が使われてるんだね。



s-hacienda guayabal (5)



s-hacienda guayabal (63)  



袋と、販売できる形になったものが置いてある。



s-hacienda guayabal (64)



いろいろある。



s-hacienda guayabal (65)



4つの色の違い。



これは煎る時間が違うからだ。



s-hacienda guayabal (66)



イタリア製のマシン。



(ツアー、まだ始まらな・・・)






あ、ようやく参加者が集まった。



まー時間はたっぷりあるから、全然問題ないもんね〃



8:20分に着いて、10:30分にツアースタート☆彡



s-hacienda guayabal (54)



まずはコーヒーの起源から。



エチオピアで最初に発見され、それが巡りめぐってコロンビアへ。



それから、コーヒーが種の状態から成長して、収穫、乾燥、製品になるまでの過程を聞いたよ。






さて、実際にコーヒーの木、施設を見て歩こう!!



暑いので、日焼け対策は必須だ〃






s-hacienda guayabal (7)



種を配られ、実際に植えてみる。



奥に成長した苗が写ってる。



s-hacienda guayabal (8)



こんな感じでみんな体験中。



(自分の種、後のツアー客にいじられやしないだろうか・・・)






s-hacienda guayabal (9)



これがコーヒーの花だ!



s-IMGP8375.jpg



花が咲いて実がなって、緑から赤に変わったら収穫のタイミング。



ガイド:「実を割って、どんな味がするか体験しましょう。けど、噛んじゃだめです。」



(どれどれ??)



うん、なるほどね。



甘みがあって、これがコーヒーになるなんて信じられない。






s-hacienda guayabal (10)



参加者と記念に☆



チェコ、インドからの旅行者だ。






s-hacienda guayabal (6)



コーヒーだけじゃなく、いろんな植物も見かける。



これはカカオ。



s-hacienda guayabal (25)



レモン。



s-hacienda guayabal (11)



これはなんかの花。



先端部分をこすると、ペンみたいに色がうつる。



s-hacienda guayabal (22)



黄色い花。



s-hacienda guayabal (12)



不思議な植物。



s-hacienda guayabal (13)



これは花?で、くぼみに水がたまってる。



その水が、シャンプーのような香り。



s-hacienda guayabal (14)



赤いバナナ。



s-hacienda guayabal (15)



中身は種ばっか。



人間はダメで、鳥が食べるんだって〃






s-hacienda guayabal (17)



話をコーヒーに戻して、この場所はコーヒー豆の外側の皮を置いとく場所。



肥やしのような匂いが漂うけど、そこまで嫌なものじゃない。






s-hacienda guayabal (18)



これはグレードが低い豆。



ネスカフェ(安物用)に回される。



s-hacienda guayabal (19)



収穫して、選別されてないものが袋に入ってる。



赤くて大きなものがグレード高く、小さくて色が悪いものは安物用へ。



実の中に、虫が入ってダメになってるのもある。



s-hacienda guayabal (20)



どれが良質なものか、必死に見てます。



ちなみに、奥に写ってる建物で従業員が、料理したり寝たりする。



収穫時期には100~200人が一気に作業するとのことだ〃



ガイドが、プロがやるように収穫を再現している動画がこちら。
(ちょっと見づらい)

[広告] VPS







s-hacienda guayabal (21)



s-hacienda guayabal (23)



s-IMGP8429.jpg  



s-hacienda guayabal (26)






s-hacienda guayabal (32)



ここは良い豆、悪い豆を選別する過程。



水に流し、良いものが沈み、悪いものが浮かぶので簡単に仕分けることができる。



s-hacienda guayabal (33)



この状態の豆を流すよ〃



s-hacienda guayabal (34)



いっぱい流れてる。



その様子を動画に撮ってみた。

[広告] VPS






s-hacienda guayabal (35)



ここで豆を乾燥させる。



温度は60℃。



けど、今は使われてないよ。



自然乾燥させる方法もあるけど、時間がかかるのと、今は立派なオーブンがあるそうだ。



ちなみに燃料は、コーヒー豆の皮を使用していたとのこと。



エコですね。



s-hacienda guayabal (36)



苗→乾燥した豆になるまでの過程。



ここまでのプロセスを、畑を周りながら見てきた。






そしたら、今度は【飲む】!!



s-hacienda guayabal (37)



乾燥させた豆を機械に入れ、皮を剥いてるところ。



s-hacienda guayabal (40)



剥いたのを選別して、大きいものから小さいものへ分別。



粒が大きいほうが美味で、味・香りが格別☆



小さいのはネスカフェ用。



s-hacienda guayabal (39)



「Supremo」は高級品だ。



s-hacienda guayabal (41)



途中の細かい説明は省いて、もう実際に飲みましょ(笑)



s-hacienda guayabal (43)



80~83℃で12秒間のもの。



85~88℃で18秒間のもの。



95~97℃で24秒間のもの。



温度と時間で、コーヒーの香り・味が大きく左右される。



s-hacienda guayabal (42)



三種類の淹れ方で。



左側が高温で、長い時間かけて出したもの。



色も違うし、泡のたち方も全然違う。



順番に飲んだけど、短いもの(右側)は酸味が強い。



「苦い」じゃなくて「酸味」。




全部のコーヒーに言えないけど、ごく普通に乾燥させて、普通に挽いたものを淹れた時ね。



反対に、高温で長い時間かけたものは、酸味残ってるんだけど、あとから「甘み」を感じることができる。



s-hacienda guayabal (44)



私は95~97℃で24秒間の方法が好きなので、これを注文。



他の参加者も、これを注文した人が多かった。






s-hacienda guayabal (45)



ツアー終了後、証明書をもらえたぞ!!






☆ツアー情報☆


英語ガイド:35,000ペソ
スペイン語ガイド:30,000ペソ


ツアー時間は4~5時間。

ツアー開始は8:00 or 14:00 (??)

※参加者次第なので、時間はルーズ。



昼食を取りたい人は、追加20,000ペソで。

宿泊も出来るので、お金と時間に余裕ある人は泊まりましょう!!

Wi-Fiあり。

宿泊の値段は空き状況と合わせて、ホームページから確認して下さいね。






私は昼食を食べたので、その様子もどうぞ〃



s-hacienda guayabal (46)



s-hacienda guayabal (47)



食材を選べる。



s-hacienda guayabal (48)



s-hacienda guayabal (49)



アルコールも込み。



s-hacienda guayabal (50)



デザートも出る。


☆世界一周ランキングへ参加中☆
“なすび”をぽちっとお願いします♪
ポイントが入り、ランキングUP〃
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。