アマゾン川のごく一部に行ってみた




もうブラジル、暑いあつい〃



日本の夏と同じで、暑いだけならまだしも、蒸すから嫌な感じ。



じっとしてても汗が出るし、喉が乾きっぱなし。



でも、ブラジルは広いからね。



今いるマナウスが特に暑いのかな?






さて、昨夜は個室でゆっくりして、今日はドミトリーへ変更。



☆マナウスでの宿情報☆


「HOSTEL MANAUS」

s-アマゾン川を見に行く (4)



s-アマゾン川を見に行く (3)

Rua Lauro Cavalcante, 231 - Centro - Manaus


s-アマゾン川を見に行く (1)



ドミトリー。



「青少年の家」みたく、自分でシーツ・枕カバーをセットするっていう(笑)



チェックアウト時も、全部はがして受付へ〃



s-アマゾン川を見に行く (2)



ファン付きの部屋:45レアル


エアコン付きの部屋:50レアル


個室(エアコン付き):125レアル



朝食付き、キッチンあり、Wi-Fi、ドリンク販売、ツアー手配、荷物預かりなど。



洗濯手洗いOK。



個室で1泊した後、ドミトリー(扇風機付き)に移動。



たった5レアルでエアコン有りにできるんだけど、一つだけ心配が。



それは・・・



「エアコンの設定温度、低くされ過ぎたら困る。」



いるんですよね~、「適温」を知らない人が。



限界まで下げる人がいるから、寝てる間にそんなことされたら低体温で死んじゃう。



それに体にも悪いし、扇風機のがいいんじゃないかって。



マナウス、本当に暑いんですよ。



なので、基本みんなエアコン付きに行くかな~なんて。



暑いのにわざわざ暑い部屋に泊まるなんて、変態しかしませんね。



そしたら、ドミでも1人で使える可能性UPじゃん〃






受付は英語、スペイン語OK。



周囲にATMや薬局、ショッピングセンターあって便利。



空港からバスで来る場合も、「GLACIAL」バス停で降りれば5分で来れる。



でもね、贅沢言うと、共用スペースぐらいはエアコン付けてほしいな。



Wi-Fiが部屋だと繋がらないし~。



リビングで汗かきながらパソコンいじってます〃






s-アマゾン川を見に行く (5)



昼食は近くの食堂で。



好きなおかずを皿に盛り、これで10レアル(324円)。



午前中は調べ物をして、今後の計画を立ててたんだ。



で、決まったこと。



・アマゾンツアーの申し込み

・ツアー終了後は、飛行機でレン・ソイスへと飛ぶ




ってことで、ツアー会社へ。



s-アマゾン川を見に行く (6)


「AMAZON Backpackers Tour」


-Rua 10 de Julho, 679.

Hotel Dez de Julhoと一緒にある。



到着すると、



「日本人ですか?」


「お元気ですか?」




と日本語で話しかけられた。



はげのおっさんが日本語もっと話せるから、ちょっと待っててください。」




【はげのおっさん】




5分後、頭ツルピカ☆のおっさん登場(笑)



「私は7年間、日本に住んでました。」


「転々としたんですけど、倉敷に住んでたことあります。」


「なんて言いましたっけ・・・「ふぐ」が有名ですね。」




日本語につられ、ここでツアーを申し込むことに決定!!



他の会社と全く比較・検討してないっていうね。



でも、親切な対応だから信頼できるぞ。



こんなことがあった。



現金のみの支払いで、そのとき手持ちがなかった。



「一回宿へ戻ってまた来ます」って言ったら、なんと「はげのおっさん」が車で送り迎えしてくれた。



はげ、なかなかやるじゃないか(笑)




さてさて、[2泊3日]と[3泊4日]があって、値段はそれぞれ450レアルと600レアル。



2つの違いは、先住民の家に宿泊するかどうか。



2泊でも訪れるんだけど、ちょっと見るだけで帰り。



3泊だと、一緒に生活することが出来る。



差額は約5,000円。



どうしたものか・・・。



う~ん。



まーせっかくここまで来たから、3泊4日でツアー組むことにしよう。



現金で600レアル(約2万円)の支払い。



トホホ〃



ブラジル旅も出費が痛い〃



けど、きっと楽しいに違いない!!



だって、アマゾンだもの。



Amazonで買いものするの好きだもん。



配送料タダなんだもん。







はい、申し込んだ後はアマゾン川の一部、「RIO NEGRO」(黒い川)へ。



宿から歩いて10分ほど。



s-アマゾン川を見に行く (7)



s-アマゾン川を見に行く (8)



イメージと違って、都会だなぁ。



s-P9015926.jpg



ここをまっすぐ進めば、川が見えてくるはずだ。



s-アマゾン川を見に行く (11)



お~。



ここですか。



広いね、大きいね。



Amazon配送センター。



じゃなくて、アマゾン川。



その一部、Rio Negro。



まさかここに来ると思ってなかったなぁ。



教科書やテレビでしか見たことなかったのに、いまその場所に立ってるんだもん。



不思議な気持ち。



s-アマゾン川を見に行く (9)



s-アマゾン川を見に行く (10)



ここは船着場。



s-アマゾン川を見に行く (12)



s-アマゾン川を見に行く (13)



s-アマゾン川を見に行く (14)



人々は物資の積み下ろしに追われ、またはツアーの呼び込みに忙しい。



この港からアマゾン川下り(5泊6日)が出てるみたい。



上のような船で、



s-アマゾン川を見に行く (15)



こ~んな感じでハンモックを吊るして、の~んびり旅をするそうな。



s-アマゾン川を見に行く (16)



洗濯物も干します。



1日2日はいいかもしんないけど、3日目には絶対飽きるでしょ〃



今回は利用しませんよ。



ま、アマゾンの船旅も貴重な経験にはなると思うんだけどね。



旅の質(船のグレード)によって値段はバラバラ。



今回は利用しないので、値段不明。






次は魚市場へ潜入だ〃



s-アマゾン川を見に行く (23)



夕方に来たから空っぽかと思ったけど、見れてよかった。



s-アマゾン川を見に行く (18)



これは何っていう魚だろう。



どの魚も、切り込みが入れてある。



s-アマゾン川を見に行く (19)



いかにもアマゾン的な魚だなぁ。



s-アマゾン川を見に行く (20)



このデッカイのなにーーー!!?



s-アマゾン川を見に行く (21)



これはピラルクーじゃないかな。



s-アマゾン川を見に行く (22)



お肉も販売中〃



s-アマゾン川を見に行く (24)



シャッターが下りてる。



ここは野菜などの販売スペースだ。



外の別の建物へ向かってみる。



すると・・・



s-アマゾン川を見に行く (26)



大量のバナナ。



バナナばっかり置いてある。



s-アマゾン川を見に行く (27)



玉ねぎも大量にあった。



申し訳無さそうに、



s-アマゾン川を見に行く (29)



こじんまりした八百屋がある。



s-アマゾン川を見に行く (28)



外で「アサイー」ジュースを発見。



s-アマゾン川を見に行く (30)



ブラジル・アマゾンっていったら、アサイーも忘れちゃいけないね!



栄養たっぷりで体にいい!



飲みましょ。



「アサイージュースください。」



「今日はもうないんだよ。」



「え、ないんですか?」



「グアラナ・ジュースならあるけど、ちょっとしかないから無料でいいよ。」



「本当ですか、ありがとうございます。」




ポルトガル語わからないので、想像です。



けど、だいたい当たってると思うんだ。



「グアラナ」もアマゾンで収穫できる果実みたいだ。



味はね、バナナジュースにアーモンドを加えた感じ。



おいしいけど、冷えてたらよかったな。



暑いからね、冷えてるものが欲しい。






アマゾン・ツアー出発はあさって。



楽しみだ☆彡

☆世界一周ランキングへ参加中☆
“なすび”をぽちっとお願いします♪
ポイントが入り、ランキングUP〃
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。