エビ、そしてハツの炭焼き




午前中はブログの更新作業〃



そのあと、町歩きに出かけたよ。



s-夕日を眺めてみる (2)



s-夕日を眺めてみる (3)



s-夕日を眺めてみる (4)



レストランやお土産ショップが並び(あとアルコール販売も)、ふと見逃してしまいそうな花たちを撮ってみた。



きれいな色だ。






s-夕日を眺めてみる (5)



花もいいけど、こっちも気になる!!



レストラン、その名も「風」



メニューを見てみましょうね。



s-夕日を眺めてみる (6)



日本酒がある。



の、飲みたい・・・



s-夕日を眺めてみる (7)



寿司もあるし、刺し身の盛り合わせだってあるんですよ、このレストラン。



どんなものが提供されるかわからないけどね。



刺し身と日本酒が目の前にあったらなぁ~。



たまりませんな(笑)






s-夕日を眺めてみる (8)



s-夕日を眺めてみる (9)



海にやってきた。



s-夕日を眺めてみる (10)



ウィンドサーフィン中の人々。



ジェリコアコアラは風が良く吹いて、ウィンドサーフィンするには絶好の場所。



見ていると気持ちよさそうでやってみたいけど、ちゃんと講習受けないと操れないからね。



それに、サーフボードにすら触ったことがない私。






s-夕日を眺めてみる (11)






さて、今日のメインは夕日を見ること。



それと、おいしいお酒。



みんなが夕日を見るポイントがあって、そこへ向ってみることに。



歩いていける距離だ。



s-夕日を眺めてみる (12)



あの砂丘がそのポイント。



s-夕日を眺めてみる (13)



馬が脇を通り過ぎていく。



海岸を走る馬って、なんだかかっこよく見える。






s-夕日を眺めてみる (14)



時刻は17時。



ジェリコアコアラの日没は、だいたい17時30分。



なので、みんな早くにやってくる。



s-夕日を眺めてみる (15)



こっちではカイトサーフィン中〃



良い風が吹いてるもんね。



おかげで、砂が舞い上がって大変だけど(笑)






s-夕日を眺めてみる (16)



そろそろ日没だ。



人も大勢集まったぞ。



s-夕日を眺めてみる (17)



s-夕日を眺めてみる (18)



s-夕日を眺めてみる (19)



s-夕日を眺めてみる (20)



s-夕日を眺めてみる (21)



s-夕日を眺めてみる (22)



夕日が沈んでみんな帰って行くけど、もう少し滞在してみる。



すると、さらに変化していく空。



s-夕日を眺めてみる (23)



この配色が、なんともいえない。






s-夕日を眺めてみる (24)



そして、このアルコール屋台がズラッと並んでいるのも、なんともいえない(笑)



s-夕日を眺めてみる (25)



今日も同じ店で、カイピリーニャを注文ですよ〃



s-夕日を眺めてみる (1)



夕食は、同じく屋台で提供しているコチラで↓↓



s-夕日を眺めてみる (27)



s-夕日を眺めてみる (26)



ライス、パスタ、サラダ、牛肉がのって12レアル(約370円)。



レストランに入ると、この倍の値段を払わなくちゃいけない。



それはそれで美味しいんだけど、毎日続けたら出費が大変。



けど、こういった場所で食べたほうが気楽で好きだな。






s-夕日を眺めてみる (28)



s-夕日を眺めてみる (29)



お土産ショップを覗いてみる。



s-夕日を眺めてみる (30)



これは小さくてかわいい。



s-夕日を眺めてみる (31)



s-夕日を眺めてみる (32)



これはなんだ・・・



ヒゲを生やしたおっさんの上に、鳩がいっぱい乗っかってる。



s-夕日を眺めてみる (33)



いったい、なんなんだろう。



s-夕日を眺めてみる (34)



これはおもしろい!



ココナッツを使ったボードゲームだ。



ただし、ゲームとして機能するかは不明。



てか、完全に飾り重視でしょ〃






さて、二杯目のカイピリーニャを手に入れ、



s-夕日を眺めてみる (1)



それを片手にこちらへ。



s-夕日を眺めてみる (35)



炭焼き。



一本4レアル(約120円)。



まずは、エビの丸焼きを注文。



カリッとしてて、頭の部分のみそが旨い!!



それと、ハツをオーダー。



新鮮で、焼きたてで、まー美味しいこと♪



お酒を飲みながら食べて、気分はまるで居酒屋。



もっと楽しみたいところだけど、そこはガマンしてまた明日。



s-夕日を眺めてみる (37)



宿へと戻るのでした・・・。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。