サンパウロにある日本





s-東洋人街 (1)



サンパウロのメトロ料金は3.50レアル(約110円)。



紙タイプで、改札を通る時に回収される。



s-東洋人街 (2)



「Liberdade」(リベルダージ)駅へとやって来た。



外へ出てみると・・・



s-東洋人街 (3)




s-東洋人街 (4)



あら、なんだか日本を感じさせる造りじゃないの。



こちらは銀行。



s-東洋人街 (6)



あらま、マックもなんだか和風。



s-東洋人街 (5)



こっちには漢字があるじゃないの。



それもそのはず、今日は「リベルダージ」(東洋人街)にやって来たのです。



ブラジル・サンパウロの中にある日本だね。



「日本人街」じゃなく、「東洋人街」って呼ばれるのは、中国や韓国からの人々も多く住んでいるから。



中華料理屋さんも多いんだなぁ。



s-東洋人街 (8)



街頭も日本を感じさせる。




s-東洋人街 (9)



歩行者信号もこの通り。



s-東洋人街 (12)



s-東洋人街 (7)



s-東洋人街 (10)



うぉ、ブラジルに「京都」あった(笑)



s-東洋人街 (11)



s-東洋人街 (13)



床屋行こうかなぁ。



日本を出発してから、ず~っと自分で適当に切ってるから、グチャグチャなんだよね。

(恥ずかしい)



s-東洋人街 (14)



s-東洋人街 (15)



s-東洋人街 (17)



銀行。



s-東洋人街 (16)



「あなたのためのイタウ」




なんだか、ありがとうございます。



一度も利用したことないですけど〃



s-東洋人街 (19)



s-東洋人街 (20)



「弁当」(べんとう)っていう響き、久しぶりに聞くといいですね♪



s-東洋人街 (21)



s-東洋人街 (22)



この風景を見て、銀座を思い出した。



そっくりじゃない?



s-東洋人街 (23)



いいね~。



こういうの見ると、心が落ち着きます。



s-東洋人街 (24)



s-東洋人街 (28)



s-東洋人街 (27)



この場所にいると、なんだか不思議と心が安らいだ。



やっぱ日本人なんだと実感。



中に入れるわけじゃないけど、しばらく滞在。



s-東洋人街 (25)



s-東洋人街 (26)



仏像の前に座りたかったな~。



なんだろ、日本にいる時はそういう思いを抱かなかったのに。



日本を出てからの1年という歳月がそう感じさせるのか、それとも鍵がかかって中に入れないってことが、余計そう感じさせるのか?!






s-東洋人街 (29)



「ブラジル・日本移民史料館」




ブラジルへ渡った日本人の歴史が紹介されている。



s-東洋人街 (30)



日本って、美しい形してたんだなぁ。



入場料は8レアル(約250円)。



7階~9階が展示スペース。



残念ながら、館内は撮影禁止。



13:30~17:30まで開館。



訪れたのが遅かったのもあるんだけど、今日は7階のみ見学。



ワンフロアに1時間以上もいた。



資料館っていうとなんだか堅苦しくて、説明書きも長々で、自分が興味あるのだけ見て、すぐ退館しちゃうんだけど。



ここは特別。



同じ日本人っていうのもあるけど、どうやって異国の地・ブラジルへ移住していったのか。



その歴史、苦労、喜びなどが紹介される。



日本人はまず最初に、ハワイ諸島に進出。



それからアメリカ本土、ペルーに渡り、そしてブラジルへ。



コーヒー農園の人手が足りないことをきっかけに、友好条約を結んだ日本から移民として迎え入れられた。



始めこそは雇われていたが、資金が集まると自らコーヒー農園を経営するようになる。



土地を開墾し、コーヒー豆を栽培。



規模が大きくなれば、日本人を集めて日本人居住区をつくる。



そして、コーヒーだけではなく、お米、落花生、野菜、養蚕、綿花など、日本の技術・知識を活かしビジネスを広げていく。



しかし、そのために土地が必要で、森林を切り崩していった。



結果、猛獣に遭遇したり、風土病を患ったり。



言葉の壁もあったが、大竹和三郎という人物が、辞書や文法書を発行し、大いに貢献。



展示資料の中に、実際に辞典などを見ることができた。



と、ここまでが7階の内容。



8,9階はどうなっているのか・・・



後日、改めて訪問します。






s-東洋人街 (31)



夕食はコチラで。



「らーめん・和」



東洋人街にある、有名なラーメン屋の一つだ。



「ラーメン・あすか」も有名なんだけど、今日は発見できず。



s-東洋人街 (32)



開店前の列。



夜は18時からOPEN。



私も並び、いざ店内へ!



店員:「いらっしゃいませ!!」


店員:「一名ですね?」


店員:「カウンターへお願いします。」


「はい。」




ちゃんと日本語で対応してくれるんだな~♪



さ、一年ぶりの本格ラーメン、何を食べようか。



s-東洋人街 (33)



ラーメンの具材解説がある。



s-東洋人街 (34)



迷って、「塩ねぎ」を注文☆



s-東洋人街 (35)



メニューの裏に、「志」が記されていた。



これは期待しちゃっていいんじゃないの?!



s-東洋人街 (37)



だって、ゴジラも応援してますから〃



s-東洋人街 (38)



店員:「おまちどうさま。」




s-東洋人街 (36)



うぉお!




これぞ、ラーメン!!



まずはスープからいただきます・・・



どれどれ?



ズズズ〃



ひゃっほーい☆彡




うめ~よ、おっとつぁん、おっかつぁん(笑)




こんなに旨い液体が、この世に存在していたとは。



では次に、麺をいただきましょう。



ズルズルズル〃



日本のみんな、とってもおいしいよ、これ!!




固さ、茹で加減もGOOD♪



チャーシューも美味しいし、ネギの辛味がちょうどいい。



きっとこの瞬間、地球上で一番幸せに感じているのは俺じゃないだろうか?



そうに違いない。



一年ぶりに食べた本格ラーメン、感動モノ。



インスタントとはわけが違うね。



スープを全部飲み干し、そしてゴマの一粒までいただいて、「ごちそうさまでした。」



お会計は・・・



塩ねぎラーメン33レアル(約1,030円)+サービス料3.30レアル(約103円)。



おぉ、なかなかしますな。



けど、日本でもこのくらいの値段かな。



店員:「ありがとうございました。」




頭を下げながら、店を出ました(笑)






メトロに乗る前に、「丸海」さんでお買い物。



s-東洋人街 (18)



日本食品を数多く扱うことで有名。



いやいや、もうラーメンで満足したし、お腹いっぱいだからホントは興味ないんだからね。



まー通り道だし、ちょっと寄ってあげるわ。



s-東洋人街 (42)



s-東洋人街 (40)



いやーー!!




「ぽたぽた焼」食べたい〃



s-東洋人街 (41)



もうバカ!!




「ばかうけ」も食べたい(笑)



s-東洋人街 (43)



混ぜるだけ、簡単チャーハンも欲しい。



s-東洋人街 (44)



梅干し!!



やっと会えたね。



s-東洋人街 (45)



納豆食べたい。



ネバネバが恋しい。



腸内細菌も、納豆が欲しいって訴えてきてるもん〃



ちなみに、4個パック(タレ・からし付き/秋田産)12レアル≒370円



s-東洋人街 (46)



たい焼きでしょ、



s-東洋人街 (47)



大福もあるやん!



s-東洋人街 (48)



梅おにぎりもあるし。



あ、これ買いました〃



そのほかに、いろんな飴、調味料、お菓子、お酒、調理道具があり、もう大興奮!!



いや~、日本食品を見て、こんなに盛り上がるとは思わなかった。



びっくりした。



それはまるで、初めてディズニーリゾートを訪れた時の子供のよう。



もうね、全部買って帰りたかったんだけど、そうもいかず・・・。



これらを購入です!!



s-東洋人街 (49)



「ほんだし」




何にでも使える万能アイテム。



s-東洋人街 (50)



「パラミソ」




顆粒タイプの味噌。



みそ汁を作れるだけじゃなく、野菜炒めなどにも応用OK!



そしてそして・・・



s-東洋人街 (51)



「GOLDEN CURRY」



これさえあれば、おいしくカレーを作れるぞ!!



もう本当に嬉しいですね、こんなにたくさんのmade in JAPANに囲まれて。



大満足で、お店を後にしたのでした・・・



s-東洋人街 (39)



あ、「居酒屋」に寄ってもいいですか?(笑)

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。