イグアスの滝~アルゼンチン編




ボン・ジーア。(おはよう)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (49)



朝食をとり、



身支度を整えロビーへ。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (50)



イグアス国立公園を巡るオススメ・ルートの説明を受け、



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (52)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (51)



バンに乗り込む。



15分ほどでアルゼンチンとの国境へ。



ドライバーが全員のパスポートを持って、手続きするから待っているだけ。



そしたら次はアルゼンチンの入国手続。



ここでも待つだけなので、やっぱりツアー参加は便利ですね☆



戻されたパスポートを見ると、ブラジルの出国スタンプはなし、アルゼンチンの入国はあり。



日帰りだから、出国はいらないんだな。



20分ほど走り、「イグアス国立公園」に到着〃



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (2)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (1)



ドライバーから入場券をもらう。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (54)



ちなみに、チケットブースはこんな感じ↓↓



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (4)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (3)



入場料は260ペソ(公式レートで約3,300円)



現在時刻は10:00。



迎えの時間は17:00なんだけど、今の時期、フォスドイグアスはサマータイムで一時間早く、アルゼンチンでは9:00。



ブラジル時間に時計を合わせたら解散〃



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (5)



入場ゲートから約100メートルの距離にあるブースに寄り道するよ。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (6)



ボートで滝に突っ込むツアーを予約したので、こちらでチケットの受け取り。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (53)



13:50の回を予約。






それじゃ、滝巡りへLet's GO !!!!



あ、ここからは文章控えめでいきます。



(いや、もともとたくさん書かないですが・・・)



だって、一番の見所でこんな看板を見つけたんです〃



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (41)



「描写しないように。ただ目の前にある光景に、魂を傾けよう。」







まずは、「グリーン・トレイル」を散策。



ここを歩いて行くと、中間駅に出れる。




s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (7)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (9)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (8)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (10)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (55)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (11)






園内を走る電車の駅は3つ。



ビジターセンター(入場ゲート)→カタラタス(滝)→ガルガンタ(悪魔の喉笛)



グリーン・トレイルを出て、カタラタス(中間駅)に来た。



一番の見所のガルガンタを見に行く人は、ここから出発。



けど、午前中で混んでるから後回し。






「アッパー・トレイル」へと向かうぞ!!



いくつもの滝を眺められる、1,750mの遊歩道だ。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (12)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (13)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (14)




s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (15)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (16)



[広告] VPS



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (17)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (18)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (19)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (20)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (21)



遊歩道は一方通行。



ぐる~っと回って、中間駅へと戻ってきた。






そして次は、「ロウワー・トレイル」へ。



距離は1,700m、滝を下から楽しめる道だ。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (22)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (23)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (24)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (25)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (26)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (27)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (28)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (29)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (56)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (58)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (57)


[広告] VPS



ズブ濡れ〃



今歩いているロウワー・トレイルから、「サンマルティン島」へのボート、そして滝へ近づくツアーが出る。



ツアーまで時間あるから、サンマルティン島へ向かおう。



「あの~、島へ渡りたいんですけど。」


スタッフ:「今日は船が出ないよ。」




あらま。



水量が多すぎて、上陸出来ないのかな。



さて、どうしよう。



予約した時間までは1時間30分ほど。



悪魔の喉笛まで行って戻り、ツアーに参加する時間はなさそうだな。



戻ってくるのも面倒くさいので、時間を変更できるか聞いてみよう。



「すいませーん、乗船時間を変えたいんですけど。」


スタッフ:「いいよ。じゃあ12時20分で、20分後ね。」


「え、20分後ですか!?」




s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (59)



「でもな~、なんだか時間が合わない・・・あ!!」




自分の時計はブラジルのサマータイムを表示してるけど、今いるのはアルゼンチン。



時間を一時間直して考えると、ちょうど20分後だ。



いや~、ここで変更してよかった。



だって、ブラジル時間で来たら「一時間後だよ。」って言われるところだったし、そしたら予定が狂って他を回れなくなるところだったもん〃



変更できたのもラッキー☆



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (31)



今からあんな場所へと行くのですね。



人間って、なんでわざわざ足を踏み込もうとするのだろうか。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (60)



乗船にはチケットを購入する必要がある。



私はツアー会社で予約したので、当日窓口で引き換えるだけ。



参加するのは「Aventura Náutica」(350ペソ≒4,440円)公式レートで。



私はツアー会社でレアル払い、R$100(約3,080円)で購入。



短いツアーで、乗船時間は20分。



「もっと楽しみたい~。」って人は時間が長い「Gran Aventura」をどうぞ。



こちらはサファリ・ドライブもあるそう。



さ~、いよいよ乗船ですぞ!!



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (61)



貴重品は濡れないよう、防水バッグの中へ。



ライフジャケットも装着。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (62)



それでは、動画でお楽しみください☆


[広告] VPS



[広告] VPS



いや~凄かったですね~。



豪雨ですよ〃



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (64)



下船後にパシャリ☆



s-PA181131.jpg



そして滝を眺めながらのおやつ。



この場所には、食べ物を奪いにくるハナグマがいないので安心して食べれる。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (30)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (32)






s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (33)



電車に乗るため、「カタラタス駅」へ。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (34)



[広告] VPS



目指すは「悪魔の喉笛」!!



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (35)



蝶がいっぱい。


[広告] VPS



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (37)



終点でもいっぱい飛んでる。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (38)



おしゃれさん。



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (39)



遊歩道を歩いて行くと・・・



いよいよ・・・・・・



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (40)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (48)






s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (43)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (42)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (44)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (45)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (46)



s-イグアスの滝~アルゼンチン編 (47)



とんでもない量の水が、裂け目へ流れ落ちる様は圧巻。



水飛沫で、下がまったく見えない。



天国って場所があるのだとしたら、きっとこんな感じなのだろう。



動画でもお楽しみください☆


[広告] VPS




[広告] VPS






とにかくこの場所にいると、「言葉をなくす」っていうのがよくわかる。



どこを探しても、表現する言葉が見当たらない。



ブラジル側・アルゼンチン側、どっちが良いかって聞かれたら、間違いなくアルゼンチン側ですね。



見所たっぷりで、悪魔の喉笛の迫力ったらもう!!



けど、やっぱり両サイドから見て欲しい。



まずはブラジルから全景を把握し、それからアルゼンチンで細かいところを見て歩く。



アルゼンチン側は一日かけないとすべて見て回れませんよ!



高いけど、ボート・ツアーにも是非参加してください。



めっちゃ楽しいです☆彡



-----------------



この記事をUPすることが出来てよかった。


泥棒が現金以外、すべて置いていってくれたおかげだ(笑)


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。