最後のシュラスコを楽しむ




宿スタッフ:「今日は満室になるよ~。」


「えーそうなんですか~。」




盗難にあってから、ドミ部屋を一人で使わせてもらっていた。



これ以上何かを盗まれたら、OUTだからね。



けど今日はベッドが足りなくなるとのことで、自分の部屋にも人が入るそう。



それはいいんだけど、残ってるベッド全てを使うとのこと。



う~ん。。。




そんなに多いと、眠れなくなりそうだぞ。



明日は日本へ向けて出発する日。



ブラジルからは、待ち時間も合わせると約36時間の大移動だ〃



今日の夜だけでも、ゆっくりと眠りたいところ。



ということで、宿を移っちゃいましょ〃



滞在中の「Kathalina Hostel」から近くにある、「che Lagarto hostels」へ。



s-最後のシュラスコ (4)



s-最後のシュラスコ (1)



大きなベッドにエアコン。



s-最後のシュラスコ (2)



洗面所、シャワー室も清潔☆



s-最後のシュラスコ (3)



カードキー式。



他にもバスタオル、シャンプー・リンス、石鹸、冷蔵庫があって快適♪



☆che Lagarto hostels☆



個室:booking.comから118レアルで予約(受付だと200レアル求められる)

Wi-Fi(全館で使える)、ロッカー、監視カメラ、キッチン、卓球・ビリヤード台、プール・ジャグジー(小さい)、朝食付き、ツアー会社併設。



ドミトリー部屋もあり。(シングルベッド)



ローカルバスターミナルから近く、周辺には必要なものが全てある好立地。



ランドリー、スーパー、薬局、レストラン、銀行などなど。



人気があり、直接行っても空きがあるかわからないほど。



実際、私がフォス・ド・イグアスに来て最初に空きがあるか尋ねたホステルがここ。



その時は満室で、ダメだったんだよな~。



ここに泊まっていれば、盗難なんて・・・・




な~んて考えちゃいますね〃



荷物を全てこちらのホステルへ移し終わった後、ちょっとお土産を買いに外へ。



すると・・・



s-最後のシュラスコ (5)



ゴミ回収車ならぬ、ゴミ回収馬がいた。



ゴミと言っても、収集しているのは空き缶やビンなど、業者に渡してお金になるものだけ。



近所のお土産屋でマグネットを書い、スーパーでブラジル産コーヒーをGETしたら戻って、



夕食にシュラスコを堪能。



s-最後のシュラスコ (6)



次から次へと肉が運ばれてくるもんだから、つい食べ過ぎちゃう〃



消化を助けるためにも、サラダをいっぱいとらなきゃ!



もうしばらく、肉は見たくありましぇ~~ん!!



このお店、滞在延期で何回も足を運んだシュラスコ屋。




もうすっかり店の人と顔見知りに。



ここで食べれるのも今日が最後なので、しっかりとお別れの挨拶をして店を後に。






さてさて!




ブラジルで過ごす最後の夜はもちろん、これや☆彡



s-最後のカイピリーニャ



カイピリーニャ!!




うぅ・・・



飲み過ぎて体調悪ぃ・・・


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。